イクメン・子育て・お父さんの誇り

ぱぱぱぱブログ

考え

イクメンってなにするの?

更新日:

うちには今、2歳になったばかりの男の子がいます。

イヤイヤ期真っ盛り。
思うように言うことを聞いてくれません。


私は、今40歳。仕事に育児に悩みながら、日々奮闘です。

仕事も育児も、一生懸命やっていても、誰からもほめられません。

 

そんな日々が続き、段々と行き詰っていくようになりました。

 

結局なにをすれば正解?

イクメンって、育児をするお父さんってことだと思いました。

「じゃあ、育児ってなによ?」

「育児=家事でしょ?」

そう思い、「家事」を頑張ることにしました。

男ってそういうもんです。

とりあえず作業をやって実績を作ることから始めます。


・「皿洗い」を頑張りました。
でも、奥様からはあまり喜ばれません。


・「掃除機、部屋掃除」をがんばりました。
でも、奥様からはあまり喜ばれません。


・「風呂掃除」、「ゴミ出し」、「洗濯物干し」、
「子供を遊ぶところへ連れて行く」、などなど頑張りました。

でも、奥様からはあまり喜ばれないのです。


夫婦ケンカが絶えない日々は続きます。

 

きっかけは子供!

2年間頑張りましたが、何をすればいいのかわからなくなってしまいました。
かなり追い詰められていたと思います。

だって正解がわからないから。


ある日の朝、仕事に出かけるときに、

子供が突然「いってらっしゃい」を言いました。

2歳になると子供は爆発的にしゃべれるようになります。

「ケイタイモッタ~?(携帯もった~?)」

「ゼンブモッタ~?(全部もった~?)」

「イッテヤッシャーイ!(いってらっしゃーい!)」


いきなりしゃべり出したのです。

私は教えていません。
奥様も教えていません。

一体誰から学んだのか?


そう、「お母さんのマネ」をしているんです。

 

なぜ、お母さんのマネをするのか?

ネットではこうありました。

「お母さんが笑いかけてくれるから。」

 

お母さんが
「すごいね!」
「どこで覚えたの!?」
ってほめてくれたり、笑いかけてくれるから、マネをしてしゃべってるんだそうです。

 

私には「衝撃」でした。
「ああ、これだ」
「これをやるんだ!」
「これが正しいんだ!」

 

正解はこれだ!

なぜ、子供はお母さんのマネをするのか?

それは、お母さんの笑顔を見たいから。

お母さんが笑っていたら最高!

だったら、俺が奥様を笑顔に出来たら、

それですべてうまくいくんじゃないか!

 


【男の仕事(イクメン)】
・奥様を笑顔にする
・お金を稼いでくる
この二つが男の仕事だろうが!他になにがあるんだ!って。

頭ではわかっていました。
でも、心ではわかっていなかった!

 

私はその後、電車に乗って会社に行きましたが、

電車で泣いていました。

にじんだ涙をぬぐいながら。

気づいた人は若干ひいていたと思います(笑)

私にはそれだけの「衝撃」だったのです。

それから、奥様が笑顔になるように心がけました。


・奥様がやってくれたことに、

 「ありがとう」を言うようにしました。


・奥様がやってくれることを、

 否定、することをやめました。


・奥様が素敵な時に、

 (若干そう見えない時も)褒めることにしました。

 

そうしたら、1週間すると、それだけで変わってきたのです。
それまではケンカばかりだったのに。
相手を気遣う言葉が少しずつ返ってくるようになったのです。

 

本当に少しです(笑)

 

でも、いつも一緒にいるから。その変化にすぐに気づきました。

「やっぱりこれなんだ!」
「これでいいんだ!」

少しずつですが、負のスパイラルから、正のスパイラルに変わった瞬間でした。

重い歯車を逆に回したように。

 

でも、まだ修業が足りません。

仕事で嫌なことがあったりして、できないときもあります。


でもでも、頑張っていこうと思います。


なぜならこれが正解だと、私は気づくことができたからです。

 

-考え
-

Copyright© ぱぱぱぱブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.